今にも落ちてきそうな空の下で

海外でフリーランスしてるITエンジニアが気づいたことをメモ

窓が落ちた

6階から。

窓を開けようとしたら、ハズレて落ちて壊れた。

 

落ちた場所は人が通るところなので、だれもいなかったのはとても幸いだった。

 

以前のブログモノづくり日本でも書いたがドアなどの立て付けが悪い。

それが、自分にも現実的な災難としてやってきた。

 

そして修理してなおるまでに3週間かかった。

つまり3週間窓がない状態だった。

 

どうしていたかというと、シャワーカーテンを買ってきて

ガムテームでふさいだりしてしのいでいた。

 

修理費用は日本円で6000円くらい。